Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いい人だね、って

よく言われる彼は

いい人だと思う

誰にでも優しくて

自分は二の次で

とてもいい人だと思う

誰にでもいい人で

自分は二の次


じゃあ私は誰の次?


くるしい

かなしい

さみしい

くるしい

しにたい

誰にも愛されないなら

しにたい

やめたい

自己肯定できず、

別れることも怖くて

もう誰も私なんか見つけてくれない

認めてくれない

くるしい

くるしい

逃げたい

いい人から

逃げたい

私なんかどうでもいい人から

逃げたい

逃げたい

自分も守れないような人から

逃げたい

頼れやしない

頼れなんかしない

でもだれも私なんか愛してくれない

くるしい

しにたい


スポンサーサイト



その後、病院に行きました。

病室は昼間でもあまり日が当たらず、暗く
こもってる感じがしました。
ここの空間にいるだけで、病気になりそうな、
そんな感じさえしました。

祖父は、青森の方の祖父母から送られてきたプルーンを勧められて食べ、美味しいけど甘いな、といい
1つしか食べませんでした。
みかんも3粒ぐらいしか食べませんでした。

食欲がないと、そういえば言っていました。
食べるのが大好きで、毎日朝ごはんにはフルーツ入りのヨーグルトを出してくれた祖父がそんな感じになってしまって、心配でした。
でもその時はかわいそうだとは思いませんでした。

一通り話して、
また来るね、と言って
病室を後にしました。

祖父がその時どんな様子だったか、
もう思い出せません。



それから、5日ぐらい経って、
母に祖父の様子を聞きました。
母は「良くなってきてるけど、まだ具合は悪い。肺の影は残ってる。長丁場を考えないとね。」と言いました。

具合はよくないけど、ゆっくり確実に改善の方向に進んでるのだと、安心しました。
だって、旅行に行きまくるアクティブな、足腰もしっかりしていた、そんな祖父だったから。確実に良くなって、くるとそう思ってました。
それしか、私には想像力がありませんでした。



先日、祖父が亡くなりました。
その時のことを書こうと思います。
悲しいけれど、不謹慎かもしれないけど、
忘れたくないので、書きたいと思います。

一番最初の最初は、「おじいちゃんが肺炎で入院したから顔を見せに来て」というものでした。

母からの連絡で、さらに認知症の初期症状が出ているからと、聞いて
でも母のいうことなので、いつも私が病気になった時に大袈裟に悲観するパターンだと、思いました。
でも肺炎は心配だし、会いにいきました。

病院の最寄りにつくと、母が迎えに来てくれていて「おじいちゃんもう寝ちゃうから」とタクシーで急いで病院へ向かいました。
病院へ行くと、母が案内してくれて祖父の個室に行きました。

入るとそこには、祖母と母の姉・叔母がいて、ベッドには前に会った時“小さくなったなあ”と感じた祖父が、もっと小さくなって病人に様な(病人だけど)姿で横になってました。

少しびっくりしたけれど、私を見ると「ああ、来たか」のようなことを言って、「これで孫の顔は全員見れたな」とやりきった感をつぶやいてました。
周りの3人は「もう、いやね〜」と笑ってました。

ぜんぜん、認知症でもなく、ちょっと風邪をこじらせて、入院してるのだろうと感じました。生きるとか、死ぬとか、そういうことを考えてなかったと思います。
私も、みんなも。
祖母は「この人もうダメなのよ。私どうしようかしら〜」と諦め口調でしたが、どこまで本気だったのか、分かりません。

その日は、もう夜遅く、すぐ面会を切り上げて、私たち4人は近くのイタリアンを食べました。
わいわい食べました。

その日は祖母の家に帰りそこで寝ました。
次の日、帰ろうかと思ったけど、
特に帰ってすることもないので、
お見舞いにもう一回いくことにしました。

お見舞いに行く前に、「おばあちゃんもLINEできるようできないか」と言われ、祖父のMacを少し触りました。

祖父のMacは中身が整理されていて、何がどこにあるか、とても分かりやすく分類されてました。
パスワードの管理も、しっかりされていて、デスクもMacの他にプリンターが接続できるようになっていて、ケーブルも変換もされていて、とても85歳が使っているデスクとは思えなかったです。

私の祖父はよくできた人だなと感心するとともに、どうして私にはこういった能がないのだろうと思いました。




| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ***時と記憶***, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。